2010年05月29日

社民、署名拒否を決定 日米共同声明「辺野古」削除要求(産経新聞)

 社民党は27日午前、党本部で常任幹事会を開き、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題をめぐる対応について、日米共同声明に移設先として名護市辺野古が明示された上で、閣議で署名を求められた場合、党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相が署名に応じない方針を党として確認した。

 幹事会後、重野安正幹事長は平野博文官房長官に電話し、辺野古への移設を共同声明に明記することを見送るよう要求したが、平野長官は「(共同声明を)最終的に作り上げていっており、一からやり直すことにはならない。考えづらい」と述べ、応じない姿勢を明確にした。

 福島氏は幹事会後の会見で、署名しないことによる罷免は受けるのかと聞かれ「それは相手方がお考えになることだ」と述べた。一方、重野氏は会見で「今は連立離脱を議論する時間帯ではない」と述べて結論を先送りした。党内では離脱容認派と連立維持派が互いの主張を展開しており、スタンスをめぐって両者の対立が深まっていることが先送りの背景にある。

 しかし、福島氏が閣議で署名しない姿勢を社民党が党として了承したことで、鳩山由紀夫首相が共同声明を受けた形で閣議了解を求めた場合、同党は連立政権からの離脱を迫られることになる。

 ただ、首相が署名を必要としない首相発言での決着をはかった場合は反対姿勢を示すだけで、政権にとどまる公算が大きい。

 鳩山首相は27日朝、福島氏について「私どもとしては極力、理解をいただけるように最後までできる限り努力する。それしかない」と述べた。

都の漫画規制案、民主が撤回要求へ(読売新聞)
振興銀を行政処分へ=内部管理体制に不備―金融庁(時事通信)
<天気>名古屋は真夏日か 各地で暑い1日に(毎日新聞)
里見香奈女流名人の妹・咲紀さん、無敗で予選切符…将棋マイナビ女子オープン(スポーツ報知)
民主複数擁立に「共倒れ」危機? 大阪、京都、兵庫(産経新聞)
posted by ナガサカ トシハル at 18:05| Comment(13) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

民主・小林千代美氏、北教組事件で議員辞職へ(産経新聞)

 北海道教職員組合(北教組)による民主党の小林千代美衆院議員=北海道5区=陣営への不正資金提供事件をめぐり、小林氏が国会閉会後の6月中に議員辞職する方向で検討していることが分かった。複数の民主党関係者が20日、明らかにした。

 陣営に資金を提供し、政治資金規正法違反罪に問われた北教組委員長代理、長田秀樹被告が、19日の札幌地裁での初公判で起訴内容を認めたことから、小林氏は「自らの政治責任は重い」と判断したようだ。長田被告への地裁判決は6月中に出るとみられている。

 今国会の会期末は6月16日。小林氏が国会閉会後に議員辞職すれば、公選法の規定により衆院北海道5区の補欠選挙は10月24日となる。小林氏が議員辞職すれば、「政治とカネ」の問題を抱える鳩山由紀夫首相と小沢一郎幹事長の責任論が再燃する可能性がある。

 小林氏はこれまで、裁判の行方を見守るとして態度を留保し、19日には「社会的・道義的責任を重く受け止めている。議員の身分については、今の時点で申し上げるべきではない。今後の司法の判断を尊重したい」との談話を発表していた。

【関連記事】
北教組事件 「民主的教育」でもその前に 原資解明されず
世論、小林議員、女性スキャンダル…小沢襲った“三重苦”
選対財政、裏献金頼み 違法性、当初から認識か
不正献金の北教組を調査へ 民主「混乱招く」と反発
トップと足並み?居座る小林議員 小沢氏発言で首相も“転換”
中国が優等生路線に?

省エネ大賞を廃止 仕分け人「役割を終えた」(産経新聞)
<爆発>自販機横のごみ箱、けが人なし 愛知・一宮(毎日新聞)
日本創新党との連携も たちあがれ平沼氏(産経新聞)
盗難6年、千葉市立中の表札を九十九里浜で発見(読売新聞)
振り込め詐欺、4月は27%減=「おれおれ」は増加―警察庁(時事通信)
posted by ナガサカ トシハル at 16:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

大麻草のジャングルが室内に…ベトナム人5人逮捕(読売新聞)

 兵庫県内の一戸建て住宅3戸を改装し、住み込みで大量の大麻草を栽培したとして、近畿厚生局麻薬取締部神戸分室は17日、神戸市垂水区旭が丘、無職グェン・タン・フォン容疑者(39)らベトナム国籍の男女5人を大麻取締法違反(営利目的栽培)などの疑いで逮捕し、大麻草1443本を押収したと発表した。

 全国の麻薬取締部では過去最大級の押収量で、末端価格1億円以上の乾燥大麻を製造できるという。室内には扇風機やライトが設置され、家全体が「大麻製造工場」になっていた。

 発表によると、グェン容疑者らは3月28日〜5月12日、同区と兵庫県明石市、多可町の2階建て住宅で、それぞれ密売目的で大麻草を栽培した疑い。

 3戸は借家などで計22室あり、グェン容疑者らは、このうち寝室や台所などを除く16室で鉢に植えて栽培。園芸用の照明や反射板のほか、扇風機やストーブ、換気扇などを備え、日照時間や光量、温度、湿度が調整できる状態だった。住宅街などにあり、屋外まで異臭が漂っていたとされる。

 押収した大麻草は最大約1メートル50まで成長。捜索の際、室内は大麻草でジャングルのようになり、床も足の踏み場がなく、容疑者の一人は茂みに隠れていたという。

中学体育祭、強風でテント飛び生徒10人けが(読売新聞)
ユズやスダチを試験栽培=気候変動、温暖化に対抗−「生産作物広げる狙い」・山形(時事通信)
普天間「政治的には5月末で決着だ」政府強弁(読売新聞)
元会計士に着服容疑、委託30億円をFX取引に(読売新聞)
<横須賀殺人>遺体現場に複数の指紋 東京で自殺男性(毎日新聞)
posted by ナガサカ トシハル at 22:56| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。