2010年03月31日

亀井・菅両氏、「言った」「言わない」水掛け論(読売新聞)

 亀井郵政改革相と原口総務相が発表した郵政改革法案の「最終案」を巡り、菅副総理・財務相と亀井氏が28日のテレビ番組で「言った」「言わない」の水掛け論を繰り広げるなど、閣僚間の主張が食い違うドタバタが続いた。

 鳩山首相は30日に全閣僚による懇談会を開いて閣内不一致の状態を収拾させたい考えだが、不安が残された。

 亀井、菅両氏はテレビ朝日の番組で顔を合わせた。亀井氏が、ゆうちょ銀行の預入限度額を1000万円から2000万円に引き上げるなどとした「最終案」について、「総理は了解したし、菅さんにも数字も全部、申し上げた」と述べると、菅氏は「数字は聞いていない」と否定。亀井氏は「私が数字のない話をすると思うか」と食ってかかり、番組は騒然となった。同席していた自民党の谷垣総裁は両閣僚の口論を「民主党の言う政治主導だとか政務三役が決めるシステムが機能していない。首相のリーダーシップも発揮されていない」と批判した。

 一方、仙谷国家戦略相はNHKの番組で、「限度額引き上げは官の肥大化を推し進める。変わってもらわないと困る」と述べ、30日の閣僚懇で「最終案」の見直しを求める考えを重ねて示した。

<藤子ミュージアム>11年9月3日、川崎市にオープン(毎日新聞)
民主・自民両党首脳“ニアミス”(産経新聞)
郵政改革法案の最終案、首相「まだ調整必要」(読売新聞)
<水俣病損賠訴訟>和解案、チッソが受け入れ(毎日新聞)
<鳩山首相>水俣病犠牲者の慰霊式出席「前向きに検討」(毎日新聞)
posted by ナガサカ トシハル at 02:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月29日

<監禁致死>「止めて」懇願無視 運転の男起訴 名古屋地検(毎日新聞)

 愛知県刈谷市の国道23号で乗用車から飛び降りた男性(30)が死亡した事件で男性が飛び降りる直前に携帯電話でかけた110番の通報記録から、男性が停車するよう懇願するのを無視して車が走り続けたことが分かった。名古屋地検岡崎支部は自動車運転過失傷害容疑で逮捕された運転者の京都市山科区、家屋解体工、脇山真弥容疑者(24)を監禁致死罪に切り替えて起訴した。

 県警刈谷署などによると、男性が飛び降りるまで電話はつながったままで、男性が脇山被告に発したとみられる「止めてくれ」「降ろしてくれ」という内容の言葉が記録に残っていた。脇山被告と男性は出会い系サイトで知り合ったメール友達で、事件当日が初対面。脇山被告は「(初対面まで)男性が女性のふりをしていたのでトラブルになった」と供述しているという。

 起訴は15日付。起訴状によると、脇山被告は2月22日午後11時10分ごろ、同県豊明市内で男性をの胸ぐらをつかむなどして車に乗せ、約3分間にわたって車内に監禁して約1.8キロ走行し、脱出のため飛び降りた男性を後続車にひかせ死亡させたとされる。【福島祥】

【関連ニュース】
【関連記事】愛知・刈谷の車飛び降り男性死亡:運転過失傷害容疑で運転の男を逮捕
東京・国分寺の変死体:監禁容疑で男6人逮捕
東京・足立区の女性監禁殺人:「捜査怠慢」訴訟 都が上告
石巻3人殺傷:つかみかかられ刺した…少年、正当防衛主張

国松元長官銃撃あす時効…根拠危うい構図に固執(読売新聞)
全日本プロレスの西村が国民新党から参院選出馬へ(スポーツ報知)
外国人医師の規制撤廃、仙谷氏が検討表明(読売新聞)
日本鋼管病院が診療報酬1億5千万分を過大請求か 常勤看護師数を水増し(産経新聞)
<救急搬送>ライブ情報で殺到 女性3人病院へ 東京・原宿(毎日新聞)
posted by ナガサカ トシハル at 21:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

鳩山首相 内閣支持率の下落傾向に強い危機感 記者会見で(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は26日、10年度予算成立を受けた記者会見に臨み、内閣支持率の下落傾向について「深刻に受け止めるべきだと理解している」と強い危機感を示した。ただ、鳩山政権が抱える郵政改革案や「政治とカネ」の問題を巡る発言は揺れ動き、今夏の参院選を控え、首相の焦りばかりが空回りしている印象は否めなかった。

【分かりやすく図で示した】マニフェストの達成度は?鳩山政権の通信簿

 首相は、閣内対立が表面化した郵政改革案について、全閣僚による閣僚懇談会を30日に開き、最終案を取りまとめる方針を表明した。しかし、亀井静香金融・郵政担当相の改革案について「委員会などで答弁した数字は大変重い。閣僚も認識する中で議論を進めることが必要だ」とも語り、骨格部分の修正には否定的な考えを示した。

 郵便貯金の預け入れ限度額の引き上げなどを盛り込んだ亀井氏の改革案に対しては、閣内から「民間金融機関の投融資にどういう影響を与えるか、十二分に議論しておかなければいけない」(仙谷由人国家戦略担当相)などの慎重論が相次いでいる。閣僚懇での再調整に乗り出した首相だが、結論ありきの会合なら意味がない。

 「政治とカネ」についても、首相の姿勢ははっきりしない。首相は23日、北海道教職員組合からの違法献金事件を抱える民主党の小林千代美衆院議員に対し、処分の必要性に言及。しかし、26日の会見では「小林氏は関連する公判が控えており、党として、処分ということまで考えていないという状況だ」と述べるにとどめた。

 下げ止まらない内閣支持率を受け、記者会見では首相退陣の可能性を問う質問も出た。首相は民意の離反について「今は厳しい時だからこそ、(国民から)『お前は総理として頑張れ』というお気持ちを頂いていると思い、自らを励ましているところだ」との解釈を披露。自らの進退について「考えていない」と強調した。【中村篤志】

【関連ニュース】
【難問山積】「亀井担当相:郵政改革案「首相が了承したから発表した」
【写真と図で見る】鳩山由紀夫氏、その略歴や思想の背景
【写真で見る】まだ半年?それとももう半年?ドキュメント 9.16鳩山内閣誕生の一日
【難問山積】郵政改革:鳩・菅・仙VS社・国 閣内、深まる溝
【連日更新】一問一答を全収録、首相VS記者団

日医会長選、立候補3氏が初の公開討論(医療介護CBニュース)
<雑記帳>元牛舎を全面改造のカフェオープン 静岡・三島(毎日新聞)
米製の乳幼児運搬具、窒息の恐れで自主回収(読売新聞)
元役員らに懲役4年=イー社未公開株詐欺−神戸地裁(時事通信)
密約文書紛失で調査委=有識者交え、実態解明(時事通信)
posted by ナガサカ トシハル at 14:52| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。