2010年02月03日

小沢氏、東京地検の2度目の聴取認める(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長は1日の定例記者会見で、1月31日に東京地検特捜部から、都内で3時間あまりにわたって2度目の事情聴取を受けたことを明らかにした。

 小沢氏は「私としては知っている限りの事実について、記憶している事実について、包み隠さずすべて申し上げた。公正公平な捜査には可能な限り協力していくつもりだ。昨日も、そして今後も協力していく意志に変わりない」と述べた。

【関連記事】
小沢氏を再聴取 1月31日に 虚偽記載への関与否定か
小沢氏「けじめ」論で平野長官「コメント控える」
小沢氏特需で引っ張りだこ、特捜OB素顔&本音は?
「冷静に見守ることが大事」 与党内の小沢氏「けじめ」論に鳩山首相
小沢氏に民主内から集中砲火 捜査大詰めの中、辞任要求も

首相動静(1月23日)(時事通信)
4氏が届け出=岐阜市長選(時事通信)
再診料の統一「12年度に向け検討を」―民主・梅村氏(医療介護CBニュース)
4億円「知人から預かった」=土地購入翌年の入金−再聴取に小沢氏供述(時事通信)
西武有楽町店閉鎖 後継テナントいるのか(J-CASTニュース)
posted by ナガサカ トシハル at 16:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大阪府4保健所、結核検診4割誤判定の恐れ(読売新聞)

 大阪府は28日、茨木や泉佐野など4か所の府保健所が2006年4月から今年1月20日までに結核患者の家族ら延べ5657人を対象に実施した結核検診で、約4割の人について陽性と陰性を逆に判定した可能性があると発表した。

 このうち、陰性と診断後に発病した人が少なくとも3人いたが、現時点で二次感染は確認されていないという。府は診断結果に誤りがある可能性のある対象者のレントゲン検査などをやり直す。

 府によると、血液検査で使うプレートについて、仕様書で定められたものと異なる安価な種類のものを使用していたため、正確なデータが得られていない可能性があるという。医療機関から「検査データがおかしいのではないか」との問い合わせがあり、発覚した。

 記者会見した坂上知之・府保健医療室長は「二度とこのような事態がないよう対策を徹底したい」と謝罪した。

普天間移設で徳之島調査=地元町長は「反対」−民主・牧野氏(時事通信)
朝青龍の聴取検討=経緯確認のため双方から−飲酒暴行問題で警視庁(時事通信)
地下鉄線路内に男性遺体 千日前線・鶴橋駅(産経新聞)
小沢氏のタンス預金「あり得ない」(産経新聞)
新報道2001 舛添氏「小沢氏は議員辞職すべき」(産経新聞)
posted by ナガサカ トシハル at 07:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。